Bar Rosebank 大阪西天満、オールド&レアボトルが充実のバー。

530-0047 大阪市北区西天満2-3-15 千都ビルB1 TEL06-6940-0909

CHATEU DE LACQUY 2006 Exclusive for The Bow Bar & Shinanoya

札幌の名バーThe Bow Barさんと、日本を代表する酒販店信濃屋さんがタッグを組んでお届けする、素晴らしいアルマニャックがBar Rosebankにも到着いたしました!
シャトー・ド・ラキーは家族経営の小さなシャトーながら、傑出したクオリティで高く評価されているとのこと。

希少なフォルブランシュ種100%からなるボトルはぶどうの粒立ち感が素晴らしく、爽やかなウッディネスにエキゾチックなハーブ、スパイスが追いかけてくる感じ。
とても10年ほどのショートエイジとは思えないような複雑で重層的なテクスチャにビビりますw

本間さんと北梶さんの情熱が溢れ出る入魂の一本、大阪でもぜひお試しください♪

Guy PINARD & Fils 1998 XO for BAR DORAS & SHINANOYA

東京・浅草の名バー、ドラスさんが10周年記念に続きまして、コニャックギィ・ピナールのオリジナルボトリングをリリースされました!

ギィ・ピナールはファンボアという日本ではあまり知られていない地区にある造り手なのですが、その酒質はグラン・シャンパーニュにも勝るとも称されているそうです。

熟成の早いファンボアにしては異例の長期熟成ながらしっかりとしたぶどう感から、樽由来のシナモン、ナツメグ等のスパイスが長く舌に残ります。
40%加水のためか開栓直後の硬さはなく、注ぐとフローラルな香りが店内に広がります。

取扱店の信濃屋さんではすでに品切れとのこと。
Bar Rosebankでも1本のみのご提供です。
容量が500mlと少ないですのでお早めに♪

DOMAINE D'OGNOAS 1973 42years old for The Bow Bar

アルマニャックの銘醸地、バ・アルマニャック地区で最も古い生産者のひとつ、ドメーヌ・オニョアス。
小規模ながらも極めて高品質なアルマニャックを生産するオニョアスの原酒を、札幌の名バー、The Bow Barのマスター本間さんが現地を訪れ厳選の上ボトリングされた、珠玉の銘酒です。

凝縮されたブドウの甘味、渋み、酸味が40年オーバーの熟成を経て見事に練り上げられ、口の中にいつまでも居続ける余韻の長さは圧倒的。
香味が開ききったらどんな味わいになるんだろうと考えると、ちょっと怖い気もするポテンシャルの高さです。

アルマニャックだし秒殺はないかなと余裕こいでたらホントに秒殺しちゃって地団駄踏んだのですが、心優しいお客様のご厚意により当店に置かせていただけることになりました。
S君、ホントにホントにありがとう♪

CHATEAU DU TARIQUET years 100 ane

バ・アルマニャック地区の優良生産者、シャトー・デュ・タリケが2012年の創業100周年を記念して2012本リリースされたボトルです。

付属のパンフレットを見る限り、創業時の原酒がブレンドされている旨の記載は見つけられませんでしたが、かなり長熟の原酒が入っていることは飲んでみた感じ間違いないかと思います♪

HENNESSY VSOP Around 70’s

久しぶりに少し古いコニャックを開栓しました。 
コニャックの年代判別は疎いのですが、おそらく1970年代ローテではないでしょうかと。

ブドウの果実感がギュッと凝縮されて、VSOPですがものすごく詰まった美味しさです。
ランシオも出てますので、時間をかけてゆっくりと香りと味わいをお楽しみいただけると思います。
秋の夜長にぴったりなボトルです♪

このページのトップヘ