70年代ローテのバルブレア、日本ではあまりお目にかかれない5年熟成です。
個人的にオールドの短熟が大好物なのですが、60~70年代にかけての短熟ものは非常に面白く、ニューポット感もなくウィスキーとして完成されているところが魅力です。
麦や青草、未熟なりんご、みかんの青臭いフレーバーが軽快で楽しいボトルです。
スターターだけではなく、重いカスクやシェリーの間に飲むのもまた一興です♪