Bar Rosebank 大阪西天満、オールド&レアボトルが充実のバー。

530-0047 大阪市北区西天満2-3-15 千都ビルB1 TEL06-6940-0909

LAPHROAIG 1991 23years old

昨年、並行品が少しだけ日本にも出回り話題となった、ドイツ向けのラフロイグ1991を開栓いたしました!

一連のバイセンボトルに通じるフルーツ&ピートがより厚くより深く押し寄せてくる感じで、近年モノではほとんど遭遇しない陶酔感もあります。
記念すべきバイセンテナリーにそれ用ではなくリージョンボトルでこんなのを出してくるあたりがラフロイグの恐ろしいところだなとw
開くともうひとバケふた化けぐらいしそうな感じですので、時間をかけてしっかりと育てて行きたいと思います♪

LAPHROAIG 16years old Travel Retail Exclusive

昨年免税向けにリリースされた、これもバイセンテナリーボトルの16年を開栓いたしました!
なぜ16年なのか、なぜハーフボトルなのか、正直なんだかよく分からないボトルなのですがw、中身はさすがラフロイグというべき秀逸な仕上がりになっております。

一連のバイセンボトルに通じるトップの華やかなフルーツから遅れて出てくるピート、スパイス。
今年になってリリースされたロアも似た印象を持ちましたので、今後プロパーのボトルもこういうテイストが主流になればと思ってやみません。

何せハーフボトルですので売り切れ御免、まだ飲まれてない方はお早めにどーぞ♪

LAPHROAIG CAIRDEAS 2016 MADEIRA CASK

ラガに続きまして、ラフロイグも今年のアイラフェスボトルが入荷しました!
今年はマディラカスクということですが、バーボン熟成マディラフィニッシュだそうです。

いきなり濃密な甘さを感じる香りから、テールまでしっかりとマディラのニュアンスがピートに纏わりつき、長く残ります。
印象としましては、今出回ってるBRODIRに近い感じかな?
はっきりと樽のフレーバーを認識できる、分かりやすい仕上がりです。

毎年カーディスはなくなるのが早いですので、ぜひお早めに♪

LAPHROAIG LORE

ラフロイグの新作「LORE(ロア)」が入荷いたしました!
ロアとは伝承という意味があるそうで、ラフロイグのこのテイストを後世にも伝えていく・・・ということなのでしょうかね?

バーボン樽ベースとのことですが、ラフロイグのフルーツ感も出ており、噂によると今後プロパーのラインナップ加えられるとのことなので、これは非常に喜ばしいことなのではと。

わざわざ現地から届けてくれたMさん、どうもありがとうございます♪

LAPHROAIG 1997 17years old Bottled for The Whisky Hoop

TWHから2015年最後のボトルが到着!
2015年のトリを務めるのは、今年創業200周年を迎えたラフロイグ。

ファーストアタックがメイプルのように非常に甘く、遅れてじんわりとピート、後半にかけて火が点くようにホットなスパイス。
中熟レンジとしてはなかなか複雑で楽しい仕上がりです♪

さすがラフロイグ!といいたいところですが、この辺りのヴィンテージでも原酒不足が伝えられており今後ますますのお値段高騰・・・行く末が心配でなりません。。

このページのトップヘ