Bar Rosebank 大阪西天満、オールド&レアボトルが充実のバー。

530-0047 大阪市北区西天満2-3-15 千都ビルB1 TEL06-6940-0909

IMG_2653 (1)

LAPHROAIG 27years old

一昨年の32年、昨年の30年に続くラフロイグの長熟シリーズ、今年は27年というあまりお目に掛からないエイジングのボトルが登場いたしました。
1988,89年の原酒をリフィルホグス→1stフィルバーボンバレル、クオーターカスクで後熟という、複雑な工程で仕上げております。

とにかくびっくりするほどフルーティーな香りにうっとりしてしまいます。
往年のビッグレッドをさらにフルーティーにした感じと言えば言いすぎでしょうかw
41.7%とカスクにしては度数が低いため、ややボディに迫力を欠く感もありますが、それでもしっかり長熟ピートの複雑さを楽しめる仕上がりになっております。

それにしてもラフロイグ。
原酒の枯渇が深刻という情報も聞いたりしますが、立て続けに長熟リリースを見せるあたり、まだまだ余裕はあるのかなと。
高額ではありますが、一部にみられる余計な部分に金掛けまくりの成金ボトルぽくない質実剛健さがとても好ましいと思うのです。
これからもブレずにこの路線を貫いてほしいと切に願いますw

ちなみに、このボトルはスコットランドで偶然ご一緒した、渋谷カリラの元永君に譲っていただきました。
どうもありがとう♪

IMG_2660

LAPHROAIG CAIRDEAS 15years old

ラフロイグのカーディスから先日リリースされました15年が、Bar Rosebankにも到着いたしました!
事前告知があまりなかったように思うのですが、こういうゲリラ的リリースは情報を掴めないこともありますので勘弁していただきたいですw

1stフィルバーボンカスクで43%加水、バイセン15年も43%だったので、何かそういうコンセプトなのかしら?
最近のリミテッドらしいフルーツ感たっぷりで、加水なので開栓から全開で楽しめます。

プロパー10年とは違うテイストで個人的に大好きですので、ぜひこのラインをプロパーでリリースしていただけると嬉しいのですが…。

LAPHROAIG CAIRDEAS Feis Ile 2017

今年のアイラフェスボトルが、ようやくBar Rosebankに到着いたしました!
出荷サイドの空港で1週間謎の足止め、嫌な予感がしまくっておりましたが、無事到着してくれて何よりです。

今年のラフロイグはクウォーターカスク。
クウォーターカスクにしては色が薄すぎるんじゃないの?と若干不安になりましたが、なかなか面白い仕上がりのボトルです。
最近のラフロイグのリミテッドによくあるフルーティーさは無く、ガツンとピート、出汁っぽさ土っぽさを感じます。
近年のラフロイグに頼りなさを感じる方にはハマるかも♪

LAPHROAIG 1997 18years old INSTRUMENTAL SOLO SELECTION Solo Timpani for Shinanoya

信濃屋さんから年末のお届け物、もう1本はラフロイグ。
こちらもずいぶん以前からシリーズとしてリリースされている、インストゥルメンタル・ソロ・セレクションの第5弾となります(ちなみにこちらも次の第6弾で完結の模様)。
ラフロイグらしいピートとヨードが支配する中から現れるマンゴーなどのトロピカルフルーツ。
最近のオフィシャルリミテッドリリースからも感じられるニュアンスですが、シングルカスクストレングス故なのかストレートにパキッと現れる感じがします。

もうそろそろ90年代も飲めなくなってくるころだと思いますので、今のうちに味わっておいたほうが後々地団駄踏まずに済む・・・ような気がしますw

LAPHROAIG 11years old

オランダ、アムステルダムのスキポール空港のみで販売されているボトルになります。
バーボンバレル→クォーターカスク→オロロソバットと3回樽を移し替えて熟成させており、11年というショートエイジとは思えない複雑なテイストを楽しめます。

一昔前、免税店のお酒といえば、通常の物が安く手に入るというイメージでしたけど、最近はこのボトルのようにその国や地域限定で様々なボトルが販売されております。
しかも、このボトルもそうですが、そういったものになかなかの高品質のものがあるのが悩ましいところなのです。

このボトルは、先日欧州研修に行ってこられた、北新地ターロギーソナの榊原マスターに買ってきていただきました。
榊原さん、どうもありがとう♪

このページのトップヘ