アードモア蒸留所設立100周年を記念して発売されたボトル。
通常この手のボトルは気合を入れた造りになると思うのですが、こちらは何とも凡庸な仕上がりと申しますか…。

味わいも中庸で、特にこれと言った特徴はございません。
何を飲むか迷ったときに、とりあえずの場繋ぎ的なセレクトにいかがでしょうか。