Bar Rosebank 大阪西天満、オールド&レアボトルが充実のバー。

530-0047 大阪市北区西天満2-3-15 千都ビルB1 TEL06-6940-0909

MACALLAN 1995 20years old The Chess King White for Shinanoya

信濃屋さんが手掛けるチェスシリーズもいよいよ完結。
大人気シリーズのトリを務めるのは、なんとマッカラン!
最近ではほとんどボトラーズのリリースもないだけに、信濃屋さんの気合と底力に圧倒されてしまいます。

トップからオレンジ、桃、梨など多彩なフルーツ香が鼻腔を支配し、ミント、シナモンなどのハーブスパイスがバランスよく乗っかる感じ。
アフターは長く、グレープフルーツの綿やミントの爽快感が続きます。
バーボン樽ですのでマッカランのハウススタイルとは大きく異なりますが、素晴らしく美味しいボトルです。

マッカランに関しては、特に現行オフィシャルについてはいろいろ議論のあるところですが、スタイルは違えどこの種質の良さはさすがと唸るほかありませんね。

年末発売のキングブラックもまだございますので、飲み比べ大歓迎でございます♪

MACALLAN 1979 16years old Hart Brothers

懐かしいハートブラザーズの初期ラベルのマッカランを開栓いたしました。
16年といえば今では短熟扱いされるエイジングですが、さすが往時のマッカランというべきか、素晴らしい熟成感と複雑味を持っております。

今からボトルを入手するには勇気が必要すぎる、ロールスロイスなマッカランをぜひお楽しみください♪

MACALLAN 10years old 100Proof around 1990's

少し懐かしい丸瓶時代のマッカラン、日本向けの100プルーフを開栓しました。
もちろん60年代蒸留のものとは較べられませんが、それでもみっしりと詰まったベリージャム感が満載で、開けたてでまだ固いですがこれからの成長に大きく期待が持てそうです!

あと少しですが、同時期流通の北米向けカスクストレングス(赤ラベル)もございますので是非飲み比べしてみてください♪

MACALLAN 7years old around 1990's

90年代ローテのマッカラン7年を開栓いたしました。
このボトルの変遷はちょっとよく分からないのですが、最初のロットはスクリューキャップと記憶してますので、恐らくその後のロットではないかと思います。

流通当時は随分若いと感じたのですが、今改めて飲むとなんともいえない熟成感w
嫌味の無い綺麗なシェリーで、飲み飽きのしないバランスのよい仕上がりになっております。
7年熟成にしてこのエレガントさ、マッカラン恐るべし!です。

もはや、常識的なお値段で口にすることが叶わなくなってしまいましたオールドマッカラン。
60年代後半からはごにょごにょ言われておりますが、改めて飲むとやはりポテンシャルは凄いです。
凝縮感満点のシェリーカスク!

ちなみに1968は僕の生まれ年。
このヴィンテージのボトルも飲むのが難しくなってきましたね。。

このページのトップヘ