Bar Rosebank 大阪西天満、オールド&レアボトルが充実のバー。

530-0047 大阪市北区西天満2-3-15 千都ビルB1 TEL06-6940-0909

IMG_2681

ARDBEG GROOVES for Ardbeg Committee

少し遅くなってしまいましたが、ようやく今年のアードベッグコミッティボトルが到着いたしました!
今年のテーマは「Love & Peat」だそうで、強く焦がしたワインカスクで熟成させているとのこと。
ラベルの色遣いがポップだったり、our grooviest casksと表記されてたり、ご陽気な印象を感じさせる仕上がりになっております。

例年通り、こちらのコミッティボトルはカスクストレングス51.6%になります。
6月に日本でも発売される通常版は46%加水タイプになりますので、飲み比べてみるのも楽しいかと。
それまでこのボトルが残ってなければごめんなさいですがw

IMG_2658

ARDBEG Ar9 Elements of Islay Feis Ile 2017

エレメンツオブアイラから、今年のアイラフェス向けにリリースされたアードベッグが入荷いたしました!
ごく少量リリースだったようでリリース当時は買えなかったのですが、今回闇の商人経由でBar Rosebankにやってまいりました♪

中身は16年熟成の1stフィルオロロソホグスで、完熟ベリーとタールを纏うピート、サルファリーは全くなく見事なピート&シェリーに仕上がっています。
これからの季節に、じっくりと時間をかけて味わいたい素晴らしいアードベッグです!

なお、このボトルは500mlですので、ご希望の方はお早めに♪

IMG_2655

ARDBEG 23years old Twenty Something

アードベッグの新作「20年とちょっと」が入荷いたしました。
23年というと1994…アードベッグが再開また閉鎖という、今では考えられない不遇の時代に造られた原酒ということになりますね。
バーボンとオロロソのヴァッティングで度数は46.3%。
カスクですかね…。

アードベッグは昨年の21年に続き20年オーバーの長熟リリース。
ラフロイグもここんとこ毎年長熟を出してますし、原酒不足が危機的と伝えられているアイラにあってどうしたことでしょうか?
実はまだまだ潤沢にストックがあって、これぐらいへっちゃらなのか、燃え尽きる前の線香花火なのか。
どうなんでしょうね?

ARDBEG KELPIE

先日ご紹介しました、今年のアードベッグのシーズンボトル、ケルピーの一般発売向けのボトルが到着いたしました!

先日のボトルはコミッティ向けでカスクストレングスだったのですが、こちらは46度に加水調整されております。

あと少しだけコミッティも残っておりますので、ぜひ飲み比べてみてください♪

ARDBEG KELPIE for Ardbeg Committee

毎年この時期にリリースされるアードベッグのシーズンボトル。
今年はケルピーというタイトルのボトルが登場いたしました。
ちなみにケルピーとは、スコットランドに生息すると伝えられている水棲馬のことだそうです。

黒海沿岸で生育したブラックシーオーク樽熟成の原酒を中心に、バーボン樽原酒をバッティングしているとのこと。

こちらのボトルは、アードベッグコミッティ向けにリリースされたカスクストレングスタイプです。
加水バージョンの一般販売向けボトルは6月初旬に発売予定だそうですので、そちらも待ち遠しいですね♪

このページのトップヘ