Bar Rosebank 大阪西天満、オールド&レアボトルが充実のバー。

530-0047 大阪市北区西天満2-3-15 千都ビルB1 TEL06-6940-0909

GLEN MORAY 8years old around 1980's

1980年代ローテのオールドグレンマレイを開栓いたしました。
素朴で優しい麦と、ほのかにオレンジピール、花のような甘さが感じられます。
樽をバキバキに利かせた、今風のボトルとは180度対極にある、なんとも柔らかくて優しいモルトです。

現行のカスクストレングス等からモルトを始められた方にしてみると、とても細くて頼りない味わいに感じてしまうかもしれませんが、喉を通したときに感じられる繊細な風味香味はオールドボトルの醍醐味のひとつ。
強いボトルに疲れた時や、スターターの一杯としておススメのボトルです♪

LONGROW 2003 11years old Duty Paid Sample for Trade Purposes Only

闇の商人プレゼンツ第2弾、こちらはロングロウになります。
2003年蒸留の11年、フレッシュシェリーバット熟成とのこと。
バットだからなのか色もほとんどついておらず、シェリー由来のフレーバーもさほどありません。
塩味を帯びたピート玉が飛んでくるようなハードな味わいで、ピートフリークは小躍りしそうなボトルですw

今回は2本譲っていただいたのですが、カスクサンプルらしく現地に行けばいろんな種類のボトルがあるそうです。
購入にはハードルがあって、誰でも気軽に購入とはいかないようなのですが、訪れる機会があればぜひいろいろ購入してみたいですね。
ヘーゼルバーンやキルケランもあるのかなぁ・・・。

SPRINGBANK 2005 10years old Duty Paid Sample for Trade Purposes Only

闇の商人から、なんだか怪しい商品が到着いたしましたので開栓しました。
キャンベルタウンのケイデンショップで販売されているボトルだそうで、ハンドフィルのようなものなのかな?

中身はスプリングバンクで、シェリーホグスヘッドの10年熟成。
清涼感を覚えるほど強いミント感、後からウォーミーなスパイスも出てきますがさほど強くなく、シェリー樽熟成としては珍しいキャラクターです。

なかなか日本(特に大阪)ではお目に掛かれないボトルかと思われますので、ぜひお試しくださいませ♪

Guy PINARD & Fils 1998 XO for BAR DORAS & SHINANOYA

東京・浅草の名バー、ドラスさんが10周年記念に続きまして、コニャックギィ・ピナールのオリジナルボトリングをリリースされました!

ギィ・ピナールはファンボアという日本ではあまり知られていない地区にある造り手なのですが、その酒質はグラン・シャンパーニュにも勝るとも称されているそうです。

熟成の早いファンボアにしては異例の長期熟成ながらしっかりとしたぶどう感から、樽由来のシナモン、ナツメグ等のスパイスが長く舌に残ります。
40%加水のためか開栓直後の硬さはなく、注ぐとフローラルな香りが店内に広がります。

取扱店の信濃屋さんではすでに品切れとのこと。
Bar Rosebankでも1本のみのご提供です。
容量が500mlと少ないですのでお早めに♪

GLENFARCLAS 8years old 105Proof Around 1970's

今も続くグレンファークラスの105プルーフ(イングリッシュプルーフですので60度)のオールドボトルを開栓いたしました。
ラベルの表記から70年代ローテと思われます。
現行はこれでもかと主張する105表記ですが、この時代はかなり慎ましやかだったようですw

この時代のショートエイジによくある、なんでこの年数表記なんだろう的な熟成感はなく、麦芽とシェリー樽の甘さがバランスよく馴染みあった短熟らしい旨さが感じられます。
ハイプルーフゆえなのか、ボトリング40年経ってなお生き生きとしており、フレッシュなオールドシェリーという相反するニュアンスが舌に心地よいです。

近年モノでも高いクオリティを発揮するグレンファークラスですが、やはりオールドは格別の旨さ!
お値段は少々いたしますが、ぜひお試しくださいませ♪

このページのトップヘ