LAPHROAIG 11years old

オランダ、アムステルダムのスキポール空港のみで販売されているボトルになります。
バーボンバレル→クォーターカスク→オロロソバットと3回樽を移し替えて熟成させており、11年というショートエイジとは思えない複雑なテイストを楽しめます。

一昔前、免税店のお酒といえば、通常の物が安く手に入るというイメージでしたけど、最近はこのボトルのようにその国や地域限定で様々なボトルが販売されております。
しかも、このボトルもそうですが、そういったものになかなかの高品質のものがあるのが悩ましいところなのです。

このボトルは、先日欧州研修に行ってこられた、北新地ターロギーソナの榊原マスターに買ってきていただきました。
榊原さん、どうもありがとう♪