銘酒ラガヴーリンホワイトラベルの後継ボトルがこちら。
1980年代ローテのクリームラベルグリーンボトルです。

先代のホワイトラベルがピート&シェリー爆発だったのに比べて、こちらはややおとなしめでバランス重視な造りになっております。
それでも、クラシックなスタイルのラガヴーリンは健在で、上品なピートにドライフルーツのような凝縮した果実香、バニラ、カカオなど、極めて複雑多様な香味を感じることが出来ます。

先代が偉大すぎたため不遇の扱いを受けてる気がしなくもないですが、80年代を代表する銘酒だと思います。