西天満には、看板すら出してない本当の意味での隠れ家なお店が何軒かございます。
ウチから歩いて1分もかからないところにあるこちらのお店も、入り口に小さな行灯があるだけの、知ってなきゃまず気がつかないロケーション。
実際、僕も何度も前を通っていながら、ご主人を紹介されるまで存在すら知りませんでしたw
そんな、知る人ぞ知る感満載のお店に、ランチに伺って参りました。

何の根拠もなく、勝手にカウンター割烹かと思ってたのですが、設えはかなりバリッとした会席料理店。
それもそのはず、ご主人は神戸吉兆の出なのだそうです。
汚いジーパンに長Tという、恥ずかしさ満点の格好で訪れてしまい後悔千万だったのですが、幸い(?)カウンターは満席だったので個室に通されました。
汚い格好を晒さずにすんだのはいいのですが、一人で個室というのは微妙に淋しいw

お料理はランチも会席のコース。
上の画像は先付けのたら白子。
クリーミーで旨いっす。

椀物は牡蠣の白味噌仕立て。
基本的に白味噌は苦手なのですが、さすがにこのレベルになるとめちゃくちゃ上品で美味しいです。

お造りはマグロづけの山かけ。
いい漬け加減です。

焼き物は太刀魚の菜の花焼き。
まだまだ寒いですけど一足先に春の息吹を感じさせます。

強肴は唐揚げ。
ビールが進みまくりますが、今はランチですので我慢ガマン。

ご飯は土鍋てんこ盛りの鯛めし!
優に3合以上ありますので、一人で食べきるのは絶対無理。
残りは折に入れてお持ち帰りさせていただきました♪

デザートは胡麻豆腐に黒蜜。
非常に上品な胡麻と黒糖の風味が素晴らしいです。

僕は会席のランチってほとんど行った事ないんですけど、この内容で3800円というのはかなりお値打ちじゃないのかなと。
ビール1本飲んでも5000円で足りますし、お昼とはいえ上質な空間で名店仕込の美味しいコースをいただけるのは、ありそうでなかなかないのではと思います。

ちなみに冒頭の看板がない件は、出してないのではなくまだ出来てないとのことでしたw
こちらもウチと同じくまだ1年未満の若いお店。
お互いがんばっていければと思っております。